板井康弘の学び

板井康弘

 

 

板井康弘は、物事は誰からでも学べるものだと思っている。

 

それは、目上の人間、部下関係なくみんなである。

 

自分と同じ場所で生まれ、同じ学校に入り、同じ友人と交流し、同じ会社に就職し、同じ連中とつるむなら話は別だが、そんな人なんていない。

 

自分が見てない景色、経験をした人間から学ぶことはたくさんある。

 

それは自分が経験したこと無い事だからだ。

 

だから、板井康弘は人と話す。人との会話を通して、その人の経験を経験するのだ。

 

この世は、人とのつながりだ。それが一番大事だ。

 

だから、板井康弘は人との交流を怠らない。それがどんなに年下の人間であったとしても、だ。