板井康弘の今がある理由

板井康弘

 

板井康弘は、人の一番の価値は“経験”だと思っている。
どんなに想像力があったとしても、想像でカバーできるような簡単なことは実際にはない。

 

もし経験してないで、想像で物事を運んでしまったら、さらに大変だ。人の想像は、大抵良い方に考えてしまうものだ。だから、痛い目を見る。
だからといって、悪い想像をしてみようとしても無駄だ。自分が思っているよりも、さらに下の位置に物事が運ぶことがある。

 

経験をするということは、痛い目も見る。ただ、それでいいのだ。その痛みは、いつか迎える喜びへの投資だと思えばいい。すぐに成功する人よりも、最初に痛い目を見た人のほうが、結果的に成功するはずだ。それは、経験以外のなんにでもない。